万博村の会

万博村の会トップへ

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
落語ワンダーランド☆終了しました!

2012/09/23 @モリコロパーク 地球市民交流センター

2012年「異文化パビリオン3」はモリコロパーク秋まつりの一環として
”笑い”をテーマにお届けしました


今回の講師は、
世界で唯一の落語家+漫画家 雷門獅篭(かみなりもんしかご)さん
日本独自の笑いを生み出す文化「落語」を”異文化”として、
モリコロパークを万博開幕中の時のように笑いで一杯にしようと発案したこの企画
私が総合プランニングを担当させて頂きました

朝はあいにくの雨模様でしたが、イベント開始時間前には晴れ間も見え..
秋まつりそのものも色んなところに行列ができて大盛況
万博村の会が主催する「落語ワンダーランド」もたくさんの方にお越し頂きました

我が万博村の会村長のへーほーさんがミニスカポリスでお客様をお出迎え〜
 可愛い

まずは一席、万博にまつわる新作落語「万博料亭」を披露。

小噺から始まり、徐々にお客さんの心を掴んでいきます。

落語が終わり、私と獅篭さんとの掛け合いで略歴を紹介


故 立川談志師匠のモノマネを交えながら(笑)東京時代のお話を聞かせてくださいました。

引き続き、落語体験のコーナー!


お子さまに高座に上がってもらい、そばの食べ方、手紙の読み方、小噺などを体験

あ!!!マリオ!!!笑

独演会でお馴染みの「映像コーナー」の後、「万博の思い出ギャラリー/自慢の品発表会」

万博当時アテンダントをしていたとこもちゃんとNamyちゃんが
当時のユニフォームを着用して司会進行をしました〜


みんなそれぞれの自慢の品を持ち寄り、思い出話に花が咲きます

そして最後に、村長へーほーさんより獅篭さんに感謝の気持ちを込めて
サプライズのプレゼント〜っ

獅篭さんの自画像を刺繍にして額に入れたものをプレゼントしました
刺繍職人の村の会メンバー、たかはた君と獅篭さん


お客様には、お帰りの際に
漫画家でもある獅篭さんがこの会のためにオリジナルで作成してくれた
「落語ビックリマン風シール」をプレゼントしました

お客様も、私たちスタッフも本当にたくさんたくさん笑いました
まさに会場が笑いの渦になりましたね

獅篭さんの人を惹きつける落語はすごく面白かったし
会場の雰囲気も良く、とてもいい会で終わることができました
準備から1年以上。当日まで、本当にたくさんの方の協力がなければこの日を迎えられませんでした。
獅篭さんサイドのスタッフさんや、海演隊メンバーのみなさんも快く協力してくださったり
激励の言葉をくださったり....。
どれだけお礼を言っていいか分からないくらいです。
みなさんのおかげで大成功に終わることができました


ご来場の皆さん、そして獅篭さん、本当にありがとうございました!


過去の活動 | 20:49 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.